クリーニング&洗濯★お役立ち情報

Just another WordPress site

*

花粉症対策 服装は花粉がつきにくいものにしてしっかり落とすこと

   

花粉症のくしゃみや鼻水、目の痒み、本当につらいですよね。

花粉症の症状を少しでも少なくするのに大切なのは、花粉に触れないようにすること。

そのためには、服選びが重要になります。花粉がつきやすい服装では、どんなに家の中をキレイにしていても、花粉を防ぐことができません。


スポンサードリンク

花粉症対策で大切なのは服装と花粉を落とすこと

花粉症の時に大切なことは服選び。服には素材によって、花粉の付きやすさが何倍も違います。

特に秋のシーズンの花粉、春の下旬の花粉の症状があるときは衣類に気を使います。秋春共に乾燥シーズンなので静電気によって衣類に花粉が付着しやすいからです。

例えば、某大手の温かいフリース。これは軽くて気持ちよくで温かくてズーッと外出中着まわすことがあると思いますが、このフリースは花粉症の大の天敵!

フリースを着るだけで髪がベトーッと顔に張り付くことはありませんか?フリースは静電気は発生しやすいのです。そして、静電気があると花粉は付きやすくなります。温かいけど、花粉症のシーズンはフリースは避けたほうがいいです。

ウール素材もやや気をつけたい所です。
ウールといえはマフラー、セーター、ニットなどあらゆる衣類があります。

こういった衣類を着る時は静電気を起こさないスプレーなどこまめにつけて、帰ったら玄関前で両面コロコロテープで衣類についた花粉を落としてから室内に入ります。

髪にも花粉はたくさん付いてます。だから、私は可能な限り、帰ったらすぐそのままシャワーやお風呂に入るようにしています。

衣類で、最も花粉が付きにくいとされている素材がナイロンやポリエステル。表面がツルツル、すべすべした素材です。ウールやフリースなどと比べると、花粉の付きやすはかなり抑えられます。

でも、正直これを使った洋服で可愛いデザインはカナリ限られてきます。
スポーツジムに行く場合はいいのですが、これでは素敵なレストランで食事などはいけないです。

私の場合、出かける時はマスク、メガネ、髪はなるべくまとめるスタイルです。髪の毛もスタイリング剤をつけて、乾燥、静電気から守ります。そしてレストラン最寄駅に着いたら取りあえず駅構内トイレで自分の姿を整えます。

花粉症対策 洗濯は基本的に室内乾燥

外干しは基本的に控え、衣類は必ず室内で乾燥させています。
室内の中でも玄関から離れた窓のない部屋で干しています。そうする事で外からの花粉の付着を少しでも減らす効果があります。
どうしても窓のある部屋の場合はなるべく窓から離れた所であまり人の出入りの多い所をさけ、静かな部屋をえらぶようにしています。
室内など、睡眠を取る所で干す事で、室内の湿度を上げ、寝る時には乾燥から肌や喉を守ってくれるダブル効果にも繋がります。(もし香りが気にならなければですが。。。)

花粉症には鼻洗浄も効果的

私の花粉症対策のこだわりは日々の鼻洗浄です。とても効果を感じています。

初めは鼻に水を入れるなんで!?って思ってましたが、きちんとした方法、塩水で行うと全くツーンとしません。

鼻洗浄によって鼻の奥の面膜についた花粉をしっかり取り除いてくれるので、鼻がスッキリ通ります。
花粉のシーズン前、シーズン中に毎日行うことで、頭もボーっとしにくくなりました。


スポンサードリンク

 - 洗濯・クリーニングの口コミ体験談