クリーニング&洗濯★お役立ち情報

Just another WordPress site

*

クリーニングでボタンが破損 ボタン割れは保障の対象外

   

仕事着のブラウスを毎週クリーニングに出しています。値段重視で、一番低料金の、朝に出して夕方に仕上がる最短コースでの仕上げをお願いしていました。ちょうど仕事の行き帰り道にあるチェーンのお店(ホワイト急便)で、50代ぐらいのおばさまがいつも受付をされています。襟や袖がピシっとして仕上がってくるし、通っているうちに世間話もするようになって、満足して毎回利用していました。

クリーニングに出したブラウスのボタンが破損してた

しかし、ある朝ビニールをはがしてブラウスを着ようとすると、袖のボタン二個に無数の亀裂が入っているんです。あきらかに、自然についた傷ではありません。爪を立てるとボロボロと崩れそうな具合でした。

よくよく見ると他のいくつかのボタンにもヒビが…。

クリーニングの仕上げではいったヒビだとは思いましたが、いつも利用しているお店にクレームを言うのも躊躇われます。「シミが付いてかえってきた」だとか「破れていた」とかならまだしも、ヒビ程度で文句は言いづらいかったんです。

結局、いつも数点のブラウスを出すついでに「この前実は…」と受付のおばさまにボタンにひびが入っていたことを相談すると、「ボタンのひび割れはプレス仕上げの際に起こり得ます」とおっしゃるんです。

ボタンって、何度もクリーニングに出していると、少しずつプレスの影響で劣化するのだそうです。ボタン全部が痛んでいたのですかね…。プレミアムコースなど料金のコースでお願いすると、プレス機じゃなくてアイロン仕上げだからそういう心配もないそうです。だけど、仕事のブラウスに毎週そこまでの出費はできません(T-T)。下手したら数回のクリーニングでブラウスそのものの値段になってしまいますからね!

クリーニングによるボタンの破損、ひび割れは保障の対象外

しかも、ボタンは保障の対象外とも言われてしまいました。そういえば、受付の横のメニューの下に「ボタンの割れは対象外」と書いてあったのを思い出しました。

今までこんなことなかったのにな~と思っていると、受け付けのおばさんがお店にある予備のボタンと交換しましょうか、と申し出て下さいました。ただ、見せて頂いたのが明らかに色も大きさもバラバラに違うボタンばかりで、さすがにお願いはできませんでしたが(笑)

結局、受け付けのおばさまが「やっぱり申し訳ないから」と、全部のボタンを揃えて新しく付け直してくれました。ここまでやっていただいたのにはさすがに恐縮してしまいました。

いつも通っていて、趣味の話やペットの話で盛り上がれるような間柄だから特別にして下さったのかな?とも思います。店員さんと気軽に話せる間柄になっておくと、ちょっとしたことでも対応してもらいやすいのかな~と感じましたね。

その後も変わらず私はそのお店に通っています。


スポンサードリンク

 - 洗濯・クリーニングの口コミ体験談