クリーニング&洗濯★お役立ち情報

Just another WordPress site

*

ワイシャツの襟汚れがクリーニングしても落ちないのは?おすすめクリーニング店

      2016/05/11

ワイシャツをクリーニング出しているのに、襟や袖の黒ずみ汚れが落ちなてな、そんなことありませんか。

きれいにしたいからクリーニングに出しているのに。。。。と不満にもなります。

実は、クリーニングのやり方によっては、ワイシャツの襟汚れが落ちないこともあるんです。その理由や対処法、襟や袖汚れにも対応してくれるクリーニング店を紹介します。


スポンサードリンク

ワイシャツの襟汚れがクリーニングで落ちない理由は?

ワイシャツの襟やそで口につく黒ずみ、汚れの原因は「皮脂」によるものです。

ワイシャツは着る頻度が多いし、襟やそで口は直接肌に接する部分なので、皮脂が付きやすいです。

クリーニング店でのYシャツの洗い方は、ドライクリーニングではなく、水洗いです。洗濯機に洗濯物と水や洗剤を入れて洗い、乾かした後に仕上げ用の機械(プレス機)を使ってアイロンかけをします。

やっていることは、家での洗濯と同じです。

家での洗濯との違いは、使っている洗剤が違うことや、水ではなく温水で洗うことで洗剤の働きがよくなり、全体的な汚れ落ちは家で洗濯するより良くなります。

ただし、襟やそで口についてしまった皮脂汚れは、水洗いではなかなか落ちてくれません。皮脂汚れを落とすためには、クリーニングする前に「前処理」を行い、皮脂汚れに強い洗剤を使って油分を取り除く必要があります。前処理を行うことで、黒ずんだ襟やそで口の汚れも白くきれいになります。

きちんと「前処理」をやってくれるクリーニング店なら、エリの黒ずみもきれいになります。
ただ、店によっては、安さ重視で前処理を行っていない場合もあります。また、別途シミ抜き料金がかかるところもあります。

そのことを考えると、ワイシャツをきれいにするには、どこにクリーニングを出すか、クリーニング店選びが重要になってきます。

襟や袖汚れにも対応してくれるクリーニング店

値段も手ごろで、前処理もきちんとやってくれる、そんなクリーニング店が近くにあればいいですが、なかなかそんなわけにもいきません。また、あちこち試してみるのも時間も手間もかかります。

でも、ワイシャツの襟汚れもきちんと落としてほしいですよね。そんな方におすすめなのが、宅配クリーニングのリネットです。

リネットは、担当者がしっかりチェックして「前処理」をしてから、クリーニングしてくれます。だから、襟やそで口の黒ずみもきれいになります!

襟やそで口の黒ずみだけでなく、その他にシミがある場合は染み抜きも無料で行ってくれます。

宅配クリーニングは、店頭でシミや汚れの確認ができません。後から、染み抜きが必要になると、その確認や料金などのやりとりに手間や時間がかかるし、クリーニングの仕上がりも遅くなってしまいます。

そんなことから、リネットでは染み抜きを無料にすることで、宅配のクリーニングが可能となったそうです。以前テレビ番組でリネットが紹介されているときに見て、なるほどなーと思いましたよ。

しかも、リネットのワイシャツクリーニング料金は1着180円。激安とまではいきませんが、店舗のクリーニング店と比べても変わらない価格です。この価格で、染み抜きも前処理もきちんとやってもらえれば、うれしいですよね。宅配なので送料が必要になりますが、プレミアム会員になれば1900円以上のクリーニング代金で送料無料です。

仕上がりに満足いかない場合は、再仕上も無料でやってもらえます。

リネットには何度か出してますが、家で普通に洗濯したのではなかなか落ちなかったワイシャツの黒ずみがすっかりキレイになるので、満足してます。

襟やそで口の黒ずみは、何度も着ているうちに汚れが蓄積して、落ちにくくなってしまいます。私の場合、普段はワイシャツを家で洗濯してますが、シーズン終わりやきれいにならないなーと思った時はクリーニングに出してます。

【関連記事】宅配クリーニングリネットを使ってみた。料金や仕上がりは?


スポンサードリンク

 - 宅配クリーニング選び方