クリーニング&洗濯★お役立ち情報

Just another WordPress site

*

宅配クリーニングの選び方 ネットクリーニングで失敗しない4つのポイント

      2016/02/25

ここ数年、利用者が急増している宅配クリーニング。

ネットクリーニングは、自宅で集荷、配達してもらえて、値段も店舗のクリーニング店と変わらないレベルだったり、出すものによっては格安になることが、人気の理由です。

いざ、出してみようと思ってもネットを検索してみると、いくつも業者が出てきて、どこに出したらいいのか迷ってしまいますよね。

宅配クリーニングを選び方には、失敗しないためのポイントがあります。

1.クリーニングしたい衣類の種類や数にあった店を選ぶ

2.重視するもの(値段or品質)

3.仕上がりまでにかかる期間

4.信頼がおける業者か?

上の4点について、詳しくご紹介します。


スポンサードリンク

ポイント1:クリーニングした衣類の種類や数にあった店をえらぶ

宅配クリーニングには、「衣類の種類による料金」と「パック料金」2つの料金があります。

衣類の種類による料金は、店舗のクリーニング店と同じく、ワイシャツ1点いくら、スーツ上着いくらなどと料金が決まっているサービスです。出したものの種類と数によってクリーニング代金が決まります。

パック料金は、5点いくら、10点いくらという料金システムのサービスです、。多くの宅配クリーニングがこの料金体系です。

パック料金なので、ワイシャツでもコートでも1点あたりの料金はかわりません。1点あたりの料金は500円くらい~。

そのため、クリーニング代が高いコートやダウンジャケットはかなりお得感があります。一方、ワイシャツやブラウスなどクリーニング料金が比較的安いものをパックに入れるとク料金で出すと、割高になってしまいます。

定期的にワイシャツを出したいという方は、衣類の種類によるクリーニングサービスに出したほうがよいですし、クリーニング代が高いものをまとめて出したい場合には、パック料金がお得です。

どちらもやっている宅配クリーニングというのはほとんどないので、クリーニングしたいものによって店を選ぶ必要があります。

パック料金の場合は、衣類の数だけでなく、専用の袋や箱に入るだけという制限がある店がほとんどなので、袋や箱の容量もしっかりチェックしてサービスを選びましょう。

ポイント2:重視するのは値段?それとも質?

品質もよく値段も安い店がよいのが一番ですが、なかなかそんなわけにはいきません。当たり前のことですが、手間がかかったり、良いものを使っていると料金は高くなります。

例えば、品質重視のクリーニング店では、1回で洗う量を少なくして、仕上げのアイロンは職人さんが手仕上げで丁寧に行うなど手間をかけています。

一方、コスト重視の店は、まとめて洗って、仕上げは機械で行うことでコストを下げて激安価格を実現させています。

クリーニングに出す頻度が高い仕事着のワイシャツやスーツなどは、手ごろな値段で仕上げてくれるほうがいいですね。一方、カシミヤやアンゴラなどデリケートな素材のものや高級な服は、高いお金を払っても、丁寧に仕上げてくれるクリーニング店を選んだほうが、安心できますし満足いく仕上がりとなります。

店舗のクリーニングでは出すものによって店を使い分けている人も多いと思います。それと同じように、宅配クリーニングも出す衣類によって使い分けるのが賢い使い方です。

ポイント3:仕上がりまでにかかる期間

宅配クリーニングは、往復の配送に2日かかるため、すぐに欲しいものには向いていません。

また、サービスによって仕上がりまでの日数もかわってきます。早いところで2日後の受取(クリーニングに出す日を含めると3日間)、多くの宅配クリーニングでは5日~7日ほどかかります。

どうしても明日までにクリーニングしてほしいというような場合は、店舗の即日仕上げをしているクリーニング店に頼むほかありません。

ポイント4:信頼できる業者か?

宅配クリーニングは、相手の顔が見えないだけに不安もあります。

信頼できる業者かどうかを見分けるためには、口コミをチェックすることもひとつですが、ネット上のクチコミはすべてが信頼おけるものと言えません。

業者を見分けるために、チェックしたいのがホームページ。

ホームページでクリーニング方法や料金についての説明が詳しくされていなかったり、よくある質問やQ&Aがショボイところは避けたほうがよいでしょう。

なぜ、ホームページがショボイとダメかというと、それだけ利用者と真摯に向き合ってないからです。

クリーニングは、実際にどのように洗っているのか確かめることができません。また、宅配クリーニングの場合は、その場で衣類の状態や料金を確認できません。

そんなことから、利用者と業者の間で思い違いが起こって、こんなはずじゃなかったのにとトラブルになったりします。

それを解消するためにあるのがホームページの説明やQ&Aです。特に、よくある質問やQ&Aが充実しているのは、それだけ顧客に対して真摯に向きあっているからであり、リピーターも多い信頼おける業者だと言えます。

また、満足がいかないときに再仕上について、トラブルが発生したときの賠償基準が記載されているかをチェックしましょう。

ホームページに賠償基準についての記載がないところ、洗い方の説明や洗っている現場の写真もないような業者、Q&Aに(注文方法など)当たり障りのない質問しかないところは注意が必要です。

【注目記事】宅配クリーニングの料金・サービスを比較 安いのは?高品質は?目的別おすすめサービスはココ!


スポンサードリンク

 - 宅配クリーニング選び方