クリーニング&洗濯★お役立ち情報

Just another WordPress site

*

宅配クリーニングの保管サービス比較<保管料・保管期限・保管場所>

      2016/10/17

クリーニング保管

最近、宅配クリーニングで人気のサービスの一つが「保管サービス」。コートやジャケットなどをクリーニング後にそのまま保管してくれて、指定の日に自宅まで配送してくれるサービスです。

衣替えの後は、コートやダウンジャケットなど冬物衣類でクローゼットがパンパン、毎年保管場所に困る、、、そんなことありませんか?

宅配クリーニングの保管サービスなら、クローゼットはすっきり。クリーニング→保管してくれるから、手間もかかりません。しかも、自宅まで引き取りにきてくれて、必要な季節になったら自宅まで配送してくれる便利なサービスです。

宅配クリーニングで保管サービスを行っている業者はいくつもあります。どこにしようか迷っている方もいらっしゃるでしょう。今回は宅配クリーニングの料金や保管期限、保管場所の環境などを比較しました。

宅配クリーニングの保管サービスを大手4社を比較

宅配クリーニングで利用者が多い4社の保管サービスについて、保管料や保管期間などサービスの内容とクリーニング方法を比べて、まとめました。保管場所の環境については、各社にメールで確認しました。

料金 保管期間 保管場所・環境
リネット スタンダード
7点7700円
ハイスタンダード
7点15050円
最大8か月
4月1日~
11月30日
つるして保管
温度、湿度、空調管理有り
セキュリティー対策有り
リナビス 初回 5点4980円
通常 5点7000円
(クリーニング代のみ、
保管料無料)
最大6か月
時期の指定なし
吊るして保管
除湿・カビ防止・遮光の
元アパレルの保管倉庫で保管
せんたく便 5点パック5780円
10点パック7780円
(専用袋代 別途700円)
最大8か月
3月1日~
11月30日
イオン発生器設置の専用ルーム
クリーニング後は吊るして保管、
後から仕上がったものが増えると順次箱詰めで保管
ベルメゾン 通常コース10点10000円
プレミアムコース 10点17500円
最大9か月 24時間空調管理、防虫・防カビ
対策、日光を遮断の部屋で保管

*各社とも往復の送料無料

通常のコース(スタンダードコースなど)と料金の高いコースの違いは、クリーニング方法やオプションサービス(はっ水加工や防虫加工など)がついているかの違いです。保管方法は、料金による違いはありません。

保管環境がいいのがリネット。温度、湿度等空調管理されていて、有人管理なのでセキュリティー面でも安心です。クリーニングも丁寧で値段とサービスのバランスがよいと言えます。

クリーニングの品質(丁寧さ)で選ぶなら、職人が手間をかけて扱ってくれるリナビスがおすすめ。モンクレール、デュベティカ、ヘレノ、カナダグース、タトラスなど高級ダウンのクリーニング実績も多数あります。ただ、リナビスは保管期間が6か月と他に比べて短いです。保管料も無料ですし、保管サービスというよりは、クリーニング後に長く預かってくれるサービスという感じです。

せんたく便は5点と少数から出せ値段もリーズナブルです。クリーニングの品質は、普通といったところ。気になるのは保管方法。クリーニング後は専用ルームで吊るして保管ですが、保管する量が増えてきた場合には、順次箱詰で保管となってしまうようなので(せんたく便にメールで問い合わせました)、シワが気になる衣類にはおすすめできません。

ベルメゾンは、自社でクリーニングを行っているのではなく、提携工場でクリーニング後保管となります。口コミでも、クリーニングの質や保管状況もよいと評価が高いものが多いです。スタンダードコースは10点からと多めなので、預けるものが少ない方には使いにくいです。また、配送を行うのが佐川急便で、集荷の日にち指定のみで時間指定ができないなど使い勝手が悪い面があります。ベルメゾン以外のサービスの配送は、クロネコヤマトが行っているので、集荷、受取とも時間帯を指定できます。

宅配クリーニングの保管(預りサービス)おすすめはココ!

クリーニング各社の料金やサービスを比較して、一番使いやすいと感じるのがリナビスです。

6か月保管つきで5点4980円、1着当たりの値段は1000円以下とお手頃な値段。他のサービスと違い、期間の指定がないので引越しの時や夏物など中途半端な時期にも利用できます。また、保管環境もよく、元アパレル倉庫で、除湿・カビ防止・遮光対策がされています。

また、リナビスは丁寧でクリーニングの質がいいことも特徴です!洋服の生地が傷みやすい乾燥機の使用は必要最低限にしていて、基本は自然乾燥。アイロンは熟練の職人さんによる手仕上げで行っています。丁寧な取り扱いが必要な高級ダウンのクリーニング実績も数多くあり、大切な衣類のクリーニングをお任せできます。

保管環境を重視したい方におすすめはリネットリネットは、空調や温度、湿度管理された状態につるして保管。さらに、有人のセキュリティー対策もされています。紹介した4社の中で、実際の保管部屋の写真がホームページにああるのもココだけです。

リネット保管サービスのスタンダードコースなら1点1000円ちょっとの値段。クリーニングも丁寧で、保管期間も最大8か月、4月1日~11月31日まで預かってももらえるので、冬物の保管にはぴったりです。

Check

せんたく便では、保管パックが10%オフのキャンペーン中。10点パックの場合、1点あたり約750円(税込、初めて利用の場合キット代700円が別途かかります)でクリーニング&最大9か月間保管が利用できます。1点あたりの値段が1000円以下になるサービスは他になかなかありません!キャンペーンの利用は、注文時にクーポンコードを入力するだけで割引が適用になります。クーポンコードはキャンペーン中は、公式サイトに大きく表示されていますので、すぐわかると思います。

★せんたく便10%オフキャンペーンはこちら⇒せんたく便の保管サービス

宅配クリーニングの保管サービスを選ぶ3つのポイント

ネットで検索するとクリーニングの保管サービスっていくつも出てきます。そんな中から1つの業者を選ぶのって、何を基準にしたらいいの?って迷ってしまいますよね。

宅配クリーニングの保管サービスを選ぶ際にチェックしたいのが3つのポイントです。

1.サービスの内容と料金

各サービスごとに料金や保管場所、使い勝手など変わってきます。自分が必要なサービスと料金をしっかりチェックしましょう。

保管に関することだけでなくクリーニングサービスについてのチェックも必要です。撥水加工や防虫加工が必要な方は、オプションでつけられるサービスを選ぶ必要があります。ハイクオリティーのコースになると料金は高くなりますが、それらのオプションが初めから含まれた値段になっているものもあります。

また、どのサービスも、衣類を送る際に専用の袋が必要になります。袋が有料の場合もあるので、それもチェックしましょう。

2.保管場所

大切なお洋服を半年以上預けることになるので、どのように保管されるのか、保管場所は重要です。特にウールのコートやスーツはシワがつきやすいです。せっかくクリーニングできれいになった服も、保管でシワになったりしたら残念です。

3.クリーニングの質

大切な衣類や高級衣類をお願いする場合には、クリーニングの質も重要です。特に高級ダウン(モンクレールなど)やカシミヤなどの素材は、繊細な扱いを必要とするものも多いです。
そういったものは、丁寧に手間をかけたクリーニングをしてくれるお店を選びましょう。

4.最小の点数

どのサービスも何点かをまとめて出すようになります。サービスによって最小点数が違います。少しでいい方は、5点から出せるリナビスやせんたく便を選ぶとよいでしょう。

高級ダウンのクリーニング実績多数
職人の丁寧な仕上がりの宅配クリーニング

▼リナビスの詳細はこちら▼

 


スポンサードリンク

 - 宅配クリーニング選び方