クリーニング&洗濯★お役立ち情報

Just another WordPress site

*

クリーニングのビニールは取るほうがいいの?不織布の場合は?

   

クリーニングビニールカバー
クリーニング後の衣類を保管するときに、ビニールカバーは取ったほうがいいのか迷いますよね。

ビニールカバーがあったほうがホコリがかぶらなくていいような気がするけど、つけっぱなしはダメという話も聞きます。

クリーニングのビニール袋の扱いについて、取ったほうがいいのか?不織布のカバーの場合はどうするのか?ご紹介します。


スポンサードリンク

クリーニングのビニールカバーは取る?つけっぱなし?その理由は

クリーニングをした衣類を長期保管、収納する場合に、ビニールカバーは取りましょう。

ビニールカバーをつけっぱなしで保管することは、洋服のカビや黄ばみの原因になります。

カビは適度な温度と湿度がある環境に発生します。ビニールカバーの内部は換気されないため、湿気がこもって通常よりも湿度が高くなり、まさに、カビが繁殖しやすい環境になってしまいます。

クリーニングした洋服だから、そもそもカビの菌なんてついてないし、、、と思う方もいるかもしれません

実は、カビの胞子は、ほこりと一緒に空気中にたくさん存在しています。そのほこりが、ビニールカバーの下(裾)から入ってしまい、湿度の高いビニール内部でカビが繁殖しやすくなるんです。

そもそもクリーニングした衣類にかけられているビニール袋は、持ち運びの際などにほこりや汚れを防ぐためにつけたれているものです。家に帰ってきたら、その役目は終わりです。

クリーニング後の衣類は、完全に乾いておらず湿気が残っていることがあります。またクリーニング独特のにおいがする場合もあります。

家に持ち帰ったら、ビニールを外して1-2時間程度陰干ししてからクローゼットなどに収納しましょう。

クリーニングのビニールが不織布の場合は?

デラックスコースや礼服のクリーニングの場合には、ビニールではなく片面が不織布のカバーがかけられています。ビニールと違って不織布は通気性があるのでカバーをかけたまま保管しても大丈夫です。

ただ、収納する前にビニールをはずして1-2時間陰干しはしたほうがよいでしょう。

でも、片面がビニールだから心配というかたは、100均などで全面不織布のカバーを購入することができますし、防虫カバーを使ってもよいでしょう。

不織布のカバーを使ったとしても、クローゼットに洋服がギュウギュウニつめこまれていては、通気性が悪く、湿気がたまりやすい状態になってしまいます。

クローゼットの中は余裕をもって8割程度の収納にして、外出時は扉を開けておくなどして、換気をよくするのが、カビを防ぐコツです。

まとめ

・クリーニングのビニールカバーは絶対に外して保管しましょう
・不織布のカバーはつけたままでもOK。ただし保管前には陰干しをしましょう


スポンサードリンク

 - クリーニングの疑問