クリーニング&洗濯★お役立ち情報

Just another WordPress site

*

洗濯表示 ドライ×はドライコースで洗えない?ドライバツはクリーニングに出せる?

      2016/02/25

洗濯表示ドライ×
そろそろ衣替えだから、と思って洗濯表示のタグをみたらドライマーク×になっていた。

・ドライ×の場合、洗濯機のドライコースでは洗えないのか?
・ドライバツはクリーニングには出せないのか?

今回は、洗濯表示マークがドライ×の場合の洗濯方法についてお伝えします。


スポンサードリンク

洗濯表示がドライ×は洗濯機ドライコースで洗えない?

洗濯表示マークがドライ×の意味は、「ドライクリーニング」ができないということです。

ドライクリーニングというのは、水を使わず石油系の溶剤で洗う洗濯方法。

自宅で、ドライ用洗剤を使って洗うのはドライクリーニングではありません。
ドライクリーニングはクリーニング店でしかできないものです。

間違えやすいですが、洗濯機のドライコースで洗ったりドライ用洗剤を使って洗うのは、水を使うので「水洗い」です。

洗濯機のドライコースというのは、ドライマークがついている衣類でも、家で洗えそうなものは、このコースで洗えますというもの。

家で洗えるかどうかは、ドライマークではなく、水洗いのマークを見て判断するようにいます。

「洗濯機弱」の表示があれば、ドライ用洗剤(おしゃれ着洗剤、アクロンやエマールなど)を使って、手洗いコースやウールコース(ソフトコースやドライコースをいう表示もあり)で洗うことができます。

手洗いのマークは、本来は、洗濯機ではなく手洗いでという表示ですが、よほどデリケートでなければ、洗濯機の手洗いコースなどで洗うことができます。
その場合は、服の傷みを防ぐために、服を裏返しにして、ネットに入れて洗うようにしたほうがいいです。

洗濯機のドライコースで洗えるかどうかは、ドライマークではなく、水洗いできるかどうか(洗濯機マークや手洗いマーク)を見て判断するようにいましょう。

洗濯表示がドライバツだとクリーニングには出せない?

洗濯表示がドライバツの場合でも、手洗いマークや洗濯機マークがついていれば、クリーニングに出せます。

ドライ×の意味は、ドライクリーニングはできませんという意味。
クリーニング店では、ドライクリーニングだけでなく、水洗い(ランドリー洗い)も取り扱っているので問題ありません。

ドライマーク×になっている服は、ポリエステルやナイロンのような光沢のある素材でできるていることが多いです。
これらの素材は、ドライクリーニングすると光沢がなくなってしまうので、ドライ×になっています。

クリーニング店では、表示を見て洗濯方法を判断するので、出しても問題ありません。
出すときに、ドライ×ですと言っておくと安心です。

【注目記事】宅配クリーニングの料金・サービスを比較 目的別おすすめクリーニングココ!


スポンサードリンク

 - クリーニングの疑問, 洗濯の知識・ワザ ,