クリーニング&洗濯★お役立ち情報

Just another WordPress site

*

洗濯機の掃除には塩素系、酸素系漂白剤、どっちがいい?

   

洗濯機の黒カビ、イヤですよね。

洗濯機の掃除には、塩素系漂白剤と酸素系漂白剤、どちらを使ってますか?

市販の洗剤は塩素系だし、洗濯機の専用クリーナーも塩素系ですが、インターネットで調べると酸素系漂白剤をおすすめしている人が多いです。

洗濯機の掃除に最適なのはどちらか、塩素系と酸素系漂白剤の特徴をご紹介します。


スポンサードリンク

洗濯機の掃除に塩素系、酸素系漂白剤の効果や特徴

洗濯機の黒カビなどの掃除には、どちらの漂白剤を使うことができますが、それぞれ違った特徴があります。

酸素系漂白剤の効果・特徴

酸素系漂白剤とは、ワイドハイターなど色柄物に使える漂白剤や過炭酸ナトリウムとして売られています。

酸素系漂白剤の原料は過炭酸ナトリウムで、強い発泡力があり、その力でこびりついた汚れをはがしてきれいにしてくれます。

そのため酸素系漂白剤で洗濯槽を掃除すると黒カビ(ピロピロワカメ)が水中に浮いてくるのが見えるので、きれいになったのを実感することができます。

中には、驚くほどピロピロワカメが浮いてきた!という方もいますね。

ただし、一定の殺菌効果はありますが、塩素系漂白剤にくらべると弱いです。

また、状態によっては掃除後に繰り返し何度かすすぎをする必要があるし、それでも黒カビが残っていて洗濯物についてしまうところがやっかいなところです。

塩素系漂白剤の効果・特徴

塩素系漂白剤は、キッチンハイタ―やカビキラーなど漂白力の強い洗剤です。

原材料は次亜鉛酸ナトリウムで、とても強い殺菌作用と漂白作用があります。

酸素系漂白剤との違いは、カビや汚れを分解、溶かしてきれいにするため、ピロピロワカメのようなカスが出る量は少ないです。

キッチンハイタ―で茶渋のついた茶碗を漬け置きしてもとれた汚れが水の中に見えることはないですよね。それは、ハイタ―が汚れを分解して溶かしているからです。

そのため、塩素系の漂白剤で掃除しても本当にきれいになっているのかわかりにくいということがありますが、カビとり効果が高いのは塩素系です。

また、殺菌力が強いため、黒カビの再発生を抑えるという効果もあります。

塩素系漂白剤は、においがつよいので洗濯槽がいたんだり、体によくないのでは?と心配される方もいるかもしれません。

塩素系漂白剤の主成分である次亜鉛酸ナトリウムは、水に溶けやすく、分解されやすい成分。

そのため、説明書等に記載されている時間や使用法どおりにやれば、洗濯槽内に漂白成分が残ったり、目に見えない残留塩素で肌を傷めるというような心配はありません。

市販の洗濯槽クリーナーと洗剤メーカーのクリーナーの違いは、濃度です。

洗濯槽カビキラーなど市販のものの塩素濃度が0.5%に対して、洗濯機メーカーの純正洗濯槽クリーナーの濃度は6%。
値段も市販のものが数百円に対して、メーカーのものは1500円~2000円ほどします。

濃度が濃い分その効果は強力で、ほとんどの汚れを溶かしてしまうことができます。黒カビが目に見えるわけではないので、効果はわかりにくいですが、きれいにしてくれます。

塩素系漂白剤のよいところは、お湯を用意する必要がないし、後にカスが残らないので、何度も黒カビをすくったり、すすいだりする必要がないところです。

洗濯機掃除は洗剤でおすすめは塩素系、酵素系?

塩素系、酵素系それぞれ汚れに対して違った効果を発揮するので、どちらがいいとも言えません。

塩素系だと汚れが目に見えないから、きれいになっているのか不安という方もいるかもしれません。

また、塩素系のニオイがいやだという方もいるでしょう。

ただし、カビとり効果の高さで選ぶなら、塩素系漂白剤です。
中でも、塩素濃度の高い洗濯機メーカー純正のものがおすすめです。


スポンサードリンク

 - 洗濯の知識・ワザ